スタッフ釣行レポート

-

3/23 タイラバ 初の玄界灘

 みなさんこんにちは(^-^)/
伊万里店スタッフ、蒲地です!(カマチじゃないよカモチです)(笑)
今年に入ってから、釣り予定を立てる度に天候不良,シケになり、全然釣り行けず、お客様の釣果を見る度にストレス溜まりまくりです・・・ヽ( ̄д ̄;)ノ=3=3=3

そうこうしてるうちに、3月も中旬をすぎてしまい、ヤリたかったヒラス上カゴ釣り、寒グロ釣りも出来ずじまい・・・
それじゃ、大鯛狙いにいきますかぁ! と、いうことでタイラバで釣行予定を立てました!!
幼馴染の晴男、福田君にお誘いLINEをしたら、イク、イクとすぐに返事がきたので、仮屋漁港より出船している

さくら丸 (江頭船長)   へ、予約を入れました!
船長より、『七里ヶ曽根まで行きますので、バケモノが当たりますのでPEは300メートル巻いてきてください!  タイラバのヘッドは200グラムまでを準備してきて下さい!』
と、連絡入りましたので早速ライン巻き巻きして、ヘッドも60~200グラムまでを準備しました。

今までタイラバで行ってた大瀬戸沖と比べて仕掛けのスケールが一回りデカいので未知の世界ですw(゚o゚)w

心配性な私は、数日前よりこのタックルで大丈夫かなぁ・・・ と、ワクワクドキドキでした(笑)

当日、無風、ベタ凪\(^o^)/  晴男の福田君を誘ってよかったぁ!!
約、1時間半程でポイントに到着しました! そこには、無数の漁船や遊漁船がいて、写真を撮るも、モヤがかかっており、ウマく写真撮れません・・・

早速、釣り開始です! まず、150グラムから投入しましたが、潮が流れていないので100グラムに変更し、船長より『ここは根魚もいるから!』とのアドバイスがあったので、ワームを針にちょん掛けして、投入!

すると、初アタリ\(^o^)/
_20170327_070258.jpg

沖アラカブでした!!

その後、ポツリポツリとアコウや、アヤメカサゴが釣れてきます!
しかし・・・潮が流れない・・・風も吹かない・・・タイラバにとっては厳しい状況が続きます(つД`)ノ

そこでプチ移動=3=3

次のポイントは、砂地ポイントです。
水深110メートルですが80グラムで底取れますので、80グラムで通します。
ここでは若干潮が流れており、レンコダイがポツーン、ポツーンと釣れます・・・ (普通は連発するそうなんですが・・・)

そんな時に着底し、巻き巻きしてると、すぐにアタリがありましたが、はなしたので、すかさず落とします!
着底し、巻き巻きするとやはり、ガツン!
と、アタリがあり、かなりの重量感!!  糸巻いては、その分出され・・・の繰り返しが続きます(゚△゚;ノ)ノ
船長から『大鯛やけん、ゆっくり時間かけていいから!』と、ゲキが入ります!
自分自身、80ジャストまでは釣ったことあるけど、それ以上の引き・・・・『これは記録更新か?』と期待し、慎重になります!
a774b8c92aef88e1494887c0f3ea8d72.png

中層まで巻き上げても、まだ抵抗します!
『鯛ってここまで抵抗しないよな・・・』と、思っていると、船長より
からに変わったですね(笑)』
正体は青物のようです!
糸が細いのと、釣果が良くないのとで、慎重に寄せてきてるので、腕はパンパンです(汗)
そして、

01b9209c81ef329c5a26a312dec32caa.png

e51b12ea5a83e2e9fb487150f1f31c5c.png

今回はキャッチの瞬間を動画撮影!





sample









IMG_20170323_174132.jpg
ヤズでした(汗)

その後も、レンコダイをポツポツと釣り、大きな根魚に瞬殺されたり・・・↓↓↓

ラスト1流しを3度もやってもらい(//>ω<)
終了となりました。(泣)
_20170327_070715.jpg

今回の釣果
_20170327_070811.jpg
IMG_20170323_174115.jpg

潮動かない、無風のタイラバ悪条件にしては、良い釣果だったのではと思います(ポジティブに(笑))

アコウ、沖アラカブ、アヤメカサゴの刺身です!
熟成3日目、アコウはまだまだ熟成させたが良さそうです(*^_^*)
IMG_20170326_185638.jpg

レンコダイはこれで一夜干しにして食しますo(^▽^)o
IMG_20170327_054526.jpg

あと、さくら丸出港地、仮屋漁港のすぐ近くに温泉
パレアがあります
IMG_20170323_184410.jpg
今回も、帰りに入って帰りました! 疲れが取れてスッキリしますよo(^▽^)o

以上、長文最後まで読んでいただきありがとうございます(礼)

おしまい。

-

3/23 久しぶりの平戸沖でのジギング

こんちわーー
平戸店のアキラでごあす。
佐世保沖では時々、親父の船で青物の反応をうかがってますが、ポントが悪いのか、活性が低いのか、ジグが合ってないのか、しゃくる腕が悪いのかはわかりませんが、毎回スカタンくらっています。。。。

22日にお客さんから「久しぶりにジギングいくや??」と言われたので、すぐに「ハイ!いくっす!!」の二つ返事(笑)
当日は5時過ぎに平戸店集合でしたけど、目覚めが良くて、4時30分に平戸店に到着(笑)
5時過ぎるとお客さんからTELが!
「船つけてる〇〇にきて!!」との事で、港に到着!!

いろいろと準備をしてたら6時30分近くになり、いざ出港!!

まずは、港から出てすぐのポイントをしゃくる!魚の反応があるのだが、反応なし!!
次のポイントも同じく。。。。。

3回目の移動でのポイントは本命らしく、しゃくります!!
去年の夏に(前回のレポート)爆釣したジグを投入し、しゃくるが反応がなく、一緒に行ってたお客さんがバンバンかける!!

ジグの特徴を聞くとスライドするやつだったので、ジグケースをあさるが・・・・・・・・・
beat Both-f 160g/ピンク(ドラえもん調に(笑))

このジグはワンピッチとスローピッチの両方できるように設計されていて、使い勝手がよさそうだったので、試にと思いネットにて中古を購入!!

もう一度船を立て直し、一投目!15しゃくりのところでHIT!!
あがってきたのはネリゴ(カンパチの若魚)
image1.jpg
image2.jpg

次にジグを落とすが、ポイントを通過したみたいなので、船を立てなおし、また入れなおすことに。

また一投目!ボトムにつきよけいに出たラインを少し回収してしゃくったすぐにグーーーンと重くなって、根掛かり??と一瞬思ったが魚の引きが感じ取れたので、巻き上げてくるが重たいだけ(たまに抵抗する感じ)なので、青物ではないと確信し、上がってきたのは、良型のアコウ(キジハタ)!!簡易ではあるがフィッシュグリップについてるバネばかりで量ったら、5.5ポンド(約2.5kg
image3.jpg

さすがに時間もある程度すぎたので、他のジグでもくるやろうと思って、投入するが・・・・アタックさえしてこない状況。。。。
となりのお客さんはジャンジャン掛けます。。。。。

また元に戻して、しゃくり始めます。
10シャクリの所で、ギューンと竿がしなる!!すかさずフッキング!!
ドラグがジッ!ジッ!ジッーーー!!と悲鳴をあげる!!(なんという爽快感☆)
これまで3~4キロまでのヒラゴ(ヒラマサの若魚)やヤズ(ブリの若魚)しかとってなかった私には物凄い引きです!!

何どもドラグがなるので、ヒラマサと確信したのですが、大きさまではわからなく、上げてみるとデカい!
image5.jpg
写真には写ってないですが、ハルシオンシステムの「HAL・インフレータブルポーチ/ホワイト」を着用しています。
image4.jpg

これも同じく、簡易的に量ったら、16ポンド(約7.2キロでした。

昼になったので納竿・帰港する事に!

ヒラマサだけども検量しようと、平戸店に戻り正確に測りました。

長寸:95cm  重さ:6.85kg 

自己新更新いたしました。(笑)

~タックル~
(スピニングタックル)
ロッド:シマノ グラップラー(ジギングモデル)S604
リール:ダイワ フリームス 4500J
ライン:GOSEN 剛戦8JIGGINGBRAID 4号/300m
リーダー:ダイワ D-FRON船ハリス 22号/約2ヒロ
ジグ:MC Works  キラージグ・ブンチン等

(ベイトタックル)
ロッド:beat PROPAGATE bp606-4 (トルザイト&sicガイドモデル)
リール:シマノ オシアカルカッタ300HG
ライン:よつあみ G-soul SUER JIGMAN X4 3号/200m
リーダー:ダイワ D-FRON船ハリス 22号/約2ヒロ
ジグ:beat Both-F 160g/ピンク・DIFFUSE R 180g/シルバー

今回は、ベイトタックルでジグはBoth-Fのみしか反応しませんでした。
しかも、竿もある程度しなりがあり、しゃくりやすく、ヒラマサが掛かっても余裕のファイティングができました。
次回もがんばって10kgオーバー目指します!!!

追記として、beatは関西で国内生産されてるメーカーです。当店にて取扱いできますが、大変人気のあるメーカーですので入荷まで多少時間がかかりますが、大変品質が良いです。
プロトタイプ(商品前の製品)の実釣テストは主に九州(玄界灘等)でやられてますので、よかったら試してみては!?

-

3/12 TOMO’Sキッチン    (大塔店)

まいど!大塔店の中川です。

今回は釣りのレポートではなく、釣り魚の料理を報告しま~す(^-^)/

実は、最近料理するのが楽しくなって
新婚の新妻さんみたいにルンルンで作ってるんです♪

本山店の店長さんから男女群島のクロを頂きました!

男女群島って、釣り人憧れ&ロマンの島ですよね~
男と女が群れる島と書いて男女群島。意味深ですね~!あはッ(〃▽〃)

IMG_2619.jpg
                 ↑良型を4匹も頂きました!感謝! ↑                      さばいてみると、白子、真子、びっしり詰まってました。
IMG_2620.jpg

胡麻は、漬け用にスリスリします!奥さんにも、胡麻スリは大事でよね(笑)

IMG_2621.jpg
                   ↑下ごしらえは、こんな感じです↑
IMG_2622.jpg
            ↑ 真子が大きいのでしっかり火を通しましょう ↑

【本日のメニュー】

クロの漬け丼
 (すりごま、みりん、しょうゆ、砂糖に漬け込み、卵黄、キザミのり、きざんだ大葉をトッピングしました)
クロの竜田揚げ
 (おろしニンニク、おろしショウガ、みりん、しょうゆで下味をつけ片栗粉をまぶして揚げました)
クロのソテー
 (塩コショウで下味をして、小麦粉をまぶし焼いて和風あんをかけました)
白子、真子
 (しょうゆ、みりん、酒、ショウガで甘辛く煮つけました)
クロの茶碗蒸し (漬けで使った卵黄の残りの卵白とだし汁とクロの刺し身を入れて蒸しました)
サニーレタス
 (↑の具材をレタスに巻いて頂きました)
なめこ汁
 (大根となめこのみそ汁です。とろっとして美味しいですよね♪)

IMG_2623.jpg

  ↑ 器が大きいので少ないように見えますが、結構な量あります ↑

シーズンになると、自分で釣りに行ったり頂いたりと食卓に並ぶ機会が多いクロ。
定番の刺し身、塩焼、煮つけ、ばかりだとちょっと飽きてしまいますよね~
そんな時は、ちょっとひと手間かけるだけで色んな調理方法が出来てしかも美味い!ので
ぜひ、皆さんもチャレンジしてみてくださいね!

このウロコとり
↓先がとがっていてとり難いヒレの近くもスイスイとれますよ! ↓
IMG_2630.jpg
おすすめです!!

-

3/1  クロ最盛期!?  (大塔店)

まいど!大塔店の中川です。

今回は、ぶらっと生月の地磯にフカセ釣りに行ってきましたよ!

釣り場までの運転中、水温が下がって喰いが渋いだろーなーとか
タナが深いだろーなー、どの磯に行こうかなー、などイロイロ考えていると
すぐに生月大橋に着きました。

そこから、少し走って思ったポイントを見てみると先行者は1人で十分空いています。

荷物を背負って慎重に崖を降りて行きます。
磯についたら、汗を拭き拭きまずは先行者の方にあいさつです。
話しをしながら、ちゃっかり海の様子もチェックしました(笑)

それから、エサを混ぜ、仕掛けを作り、いよいよ釣り開始です!
この時のワクワク感は、ホントたまりませんね~

エサを撒いてみると、案の定魚の姿は確認できません。
しばらく、釣ってみますがエサとりは皆無です。
潮は、いい感じでゆっくり流れていたのでオキアミが沈んでいく速さに合わせて
全層にした仕掛けを落としていくとグンッ!と勢いよく竿にのってきました!
なかなかの重量感ですが、コクン、コクン首を振っています。
ん?チヌかな?チヌやったら結構でデカそうと思いながらやりとりしているとピンクの魚体でマダイでした。

マダイが釣れたってことは、タナが深すぎるのかな?
と思いガン玉を外し仕掛けを軽くして浅く釣ってみると
スーッとウキが入って30cm位のクロが釣れました。
それから、同じパターンで数匹つれました。

しばらく、釣っていると今度はウキがスッと入ってエサだけとられるようになりました。
喰い渋りなのかわかりませんがなかなか針がかりしません。
しかし、たまーにハリに掛って釣れてきます。
拾い釣りみたいな感じでボチボチ数は釣れますが、
のっこみのぽってりした大型クロが釣れません。
手を変え品を変え立ち位置を変え、やってみましたが結局最後まで大型は釣れませんでした。

魚の状態を見ると、腹がパンパンに膨らんでいないのでまだまだ釣れそうな感じです。

次こそは、脂がのった、でっかいクロを釣りたいなー!!!
IMG_2605.jpg

クロ42cm~16匹ほかマダイ、チヌでした!

-

11/20 宮之浦釣行記

平戸店の「アキラさんだぞ」

この間、お客さまから釣りのお誘いを受けて、仕事おわりに当店の「中P」と昼から宮之浦に行ってきました。

お客様は朝から行かれてて、私達2名が昼から合流という流れで釣行いたしました。

本日の配合は何にしようか迷ってましたが、今回ヒロキューから新商品のグレゼロを使い腕は初心者並みの私が、実釣することに。(水分調整と、短時間釣行なのでパン粉も)
DSCN2450.jpg


店で混ぜるがなかなか、まとまり(粘り)が出ないので、バッカンに移し、足でコネルことに。。。
ある程度粘りが出たので放置し、仕事上がりの11時30分になりすぐ宮之浦へ出発!!

約1時間後に到着し、待合室にて着替えて1時手前に荷物を船(NEW丸銀丸)に積み込みし出港!
朝から行ったグループは志々伎崎の「1のハエ」に行ってるらしいので、私たちも志々伎崎へ進みます。

到着したら、追加の2名が乗って釣り出来る場所がなかったので、私達2名は「2のハエのハナレ」に乗ることができました。
そこは、時期になると大型のクロも釣れ、数も釣れるA級磯です。

私の仕掛けは今お気に入りの、ガルツのウキ「ボクシ-」の2Bから始めてみました。
一投目から勢いよくバチバチとラインがはじけ飛ぶ!!
あがってきたのは、30cm手前のコッパちゃん。。。。
次から一投一尾のペースで釣れるのだがキーパーサイズ以下のがよく当たる・・・・

また当たりが出たので、竿を起こしてみると魚が乗った感覚があった瞬間フワッ!!
となった、ハリはずれかと思いきや、巻いて来たらウキがない!!!沖を見たらプカプカと流れてるじゃありませんか!!慌ててDAIWAのウキ取りパラソルをつけて投げるが、ウキが沖に行く速度が尋常じゃなく早い!!ので諦めました。。。。。。。。。

仕掛けを変更して釣るが、ボクシーに慣れてるので、今までの釣れるのがウソみたいに、まったくと言っていいほど釣りきれません。。。。エサはとられてるんですが。。。。

夕マズメの前にキープしたクロを締めて、血抜きをして、タイドプールに入れてて、タイドプールの中に取り忘れのクロがいないかと確認で、手を突っ込むのが嫌だった私は、タモの柄でかき回してたら、タモの柄の下栓が外れてしまったので、結局は手を突っ込むことに。。。。。。(手抜きをしようとしたバチが当たりましたね(笑))

中Pに大きな当たりが!!やり取りをパシャリ!
tatsuya.jpg
あがってきたのは、、、丸々太ったバリでした。(笑)

納竿時間17時30分で、すでに遠くから迎えに来てたので大慌てで、片付けして港に着きました。
kuro.jpg
家に帰宅し、持って帰ってきた数を数えると18匹いました。
kuroi.jpg
マナイタに多きやつから並べたやつです。

型は30半ばでした。

マキエの方は、私の見解だと、まとまりが少しない感じがしたんで、次回使うときは、アドバンスグレを入れてまとまりを良くして使おうと思います。

今回お世話になった渡船屋さんは
丸銀釣りセンターです。TEL:0950-29-1006
志々伎崎までは5000円/1名になっております。

このカテゴリーに該当する記事はありません。