スタッフ釣行レポート

-

5/25 佐世保沖でのタイラバ釣行 inマイボート

ハーーーーイ
平戸店のムードメーカー??いじられキャラのアキラです。
(そのストレスで髪の毛が・・・・(笑))

25日は休みの日でしかも久しぶりの凪!!
となれば釣りに行くしかないっしょ(笑)
親父に「釣りいかん??」と聞いたら、親父も前回の丸銀でのタイラバ以来、釣りに行ってなかったみたいので、「タイラバに行ってみるか!!」という事で、マイボート(親父所有)で佐世保沖行ってみました。
朝6時30分に出港し、シーアンカーを用意しながら30分近く走って、ポイントに到着したが、風や潮があまり動いてなかったので、ドテラ流しで始めることに。
まずは、自作カのラバー(カラー)で試したかったので、それから始めることに。
でも、まったく当たりません。。。。
親父には当たってきてたので、見切りをつけ別のカラー(既製品)に変更したらすぐに、当たります(泣笑)
あがってきたのは、40cmはあるなしのイサキちゃんやはりルアーで釣れるのは大きいですね!!
イサキ

マダイはイサキの仲間(属種)なのでタイラバのカラーは、ほぼ正解に近いと思ったので、そのまま続行したら、またすぐにあたる(いつもだったら、なーーーんも考えなく釣りをするのですが、今回はなぜか脳裏に浮かんできました。)
あがってきたのは塩焼きや刺身で美味しいサイズのマダイ!!
コダイ

やはりラバーのカラーは間違ってなかったみたいですね
それからもポツポツあたってきます。。。。(サイズがイマイチのびません、、、、)

釣り始めて3時間が経とうとしたとき、大きく竿がしなったので、のせる感じで大きく上げたら。。。。のったぁーーーー

ギュンギュン糸が出されます。。。。親父のタイラバに巻きつかれたら最悪なので、一旦回収してもらいます。

巻いたら走られ、巻いたら走られの繰り返し。。。。
やり取り

ラインが真下から動かなくなり落ち着いたので、親父もタイラバを再開することに。
親父からは「フカ(サメ)やろ、さっき水面に背びれ出して泳ぎよったけん」と助言されたことで、タイの引きではなさそうな感じがしてきました。。。。(以前にサメを釣った時もこの感じだったような。。。。)
なので、だんだん疲れてきたので、サメだったら切れてぇーーーーって思いよったです。。。

ラインが残り10mを切ったら魚影が見えてきました。。。。
銀色に輝いて、体高もあったので、こりゃーサメじゃなかとです。
回転しながら徐々にあがってきます。これはデカい!!マダイでした。
格闘時間、約30分(泣笑)  めっちゃ竿を持ったた方の肩きつかった。。。。。(途中グルグル回してたし(笑))
タイ2

メジャーが無くて長さは測れなかったけど、私が持ってるフィッシュグリップにはバネ量りがついてるのですが、ポンド表示なんです。。。。ですが計測しました。
12ポンドちょっとを示していたので、キログラムに変換すると。。。。
12ポンドが約5.44キログラムなので、残りの+α分の重さがわからないので、約6キログラムという事にしときましょ(笑)
計測

水深が100mぐらいあれば、10~20m上げたら、水圧の変化でマダイならすんなりあがってくるのですが、今回は30m程度だったので力いっぱい走り回ってくれたので、釣れた後はヘトヘト。。。。。なので、お昼ご飯を食べました(笑)

その後もイサキ・マダイなどいろいろ追加して14時に納竿して帰港しました。

自宅に帰りメジャーを持ち出して計測したら、78cm!!!!
自己新記録となりました。。。。。

でも、弟の記録より10cm下回ってるし。。。。
何やっても(勉強、スポーツ、釣りなど)弟に勝てない俺でした。。。。(笑)
タイ

-

3/14 一栄丸にて初ジギング船に乗船 

んちゃ(・Д・)ノ   平戸店のあきらです。
今回は、平戸の白浜港から出船している、一栄丸さんにお世話になりました。
本来なら、2月14日に寒ブリを狙いに行くはずでしたが、時化で行けず。。。お客さんが3月14日に予約(チャーター)されていたので、便乗してきました(笑)
一栄丸

ジギングは親父や親戚、お客さんなどの船でしたことはあったのですが、今回はプロが操船するジギング船は初めてだったのでワクワクドキドキ(* ´ ▽ ` *)
5時半出港という事なので5時ごろ白浜に到着し、荷物を積み込みいざ出発

まずは、自己紹介ですね(笑)
仲良し3人組!!
3人
左から、横山さん、石田さん、松本さん

江崎くん
福岡からお越しの江崎さん

船長
左からイケメン船長、松永さん

ん??松永さんの顔がよくわからない??ならこれでどうだ(笑)
あきら
と私の計6名です。(朝一にクーラーの中にある飲み物取ろうとしたら、ビリッという音が・・・こうなってました。。。・゚・(つД`)・゚・)
ハプニング

まずは、生月沖で4回流しました。(何とかジギングで1匹GETできました。)
生月

その後は、五島方面に舵を切ります。
1時間半くらい走って着いたところは、クロ釣りで有名なミニ男女群島と言われてる、白瀬です。。。(いつかは行ってみたいと思ってたところにこんな形でこれるとは(笑))
白瀬

船内でもポツリポツリと釣れてますが、なぜか私のジグには反応がありません。。。。
流し直すたびに、ジグを変更して、流してる途中にもしゃくり方を変えてみるが、異常は見当たられません・・・(笑)
けど、船長から「もう一度、付け直します」とマイクで言われたので、高速巻(ただの回収巻)してたら、ゴン!!とヒラゴが。。。。
船内では「リリースサイズやろ」とのヤジが(笑)
けど私には貴重な1匹なので持って帰ることに。

ちょうど昼に倉島方面に戻るということなので、昼食のモグモグタイムです。
食べ終わったから少し時間が合ったので、懐かしのタイタニックをやってみました(笑)
タイタニック

着いたら、鳥山がすごいことになっていたので、数名トップゲームを始めて、私はジギングから始めます。

横山さんにHIT!!
横山君

釣り上げたら1名分空くので、すかさず私が入る(笑)
何度かチェイスがあった後に、何とかHIT!船べりまで寄せたのですが、タモ入れ直前で、まさかのフックアウト↓↓小さかったのでリリースです。。。(皆からは、さっきリリースサイズを取ったバチやろ(笑)だって)

その後もキャスティングしたら、ドボン!!と出ました。HIT!!先ほどのフックアウトの経験を生かして、5回ぐらい鬼合わせしましたよ(笑)

なんとかキャッチできました。重さは量ってないですが、目測で6キロぐらいですかね(笑)
6キロ

そのときに、3人同時にHITしてたらしく、3人で記念撮影
3発

その後、松本さんに大きな当たりが。。。。
ファイト
あがったのは約12kgのヒラマサでした。
12キロ

その後も、ポツポツ釣れて、五島のシンボルの帆揚島にも行けたので写真を。。。
帆上
その後、時間になり納竿となりました。

帰港したのは7時30分を過ぎていまして、釣果の方をパシャリ
釣果
船内で約30本で、30本中4本は10kgオーバーのヒラマサとブリが釣れました。

私が持って帰ったのはブリとヒラゴとイサキの3匹です。。。。
(青物4本くらい釣ってたはずなんですが、誰か間違って持って行ったんですかね??)

ジギング船には初乗船で驚くことばかりでした。
まず、今回は青物を釣ったら針をはずしてもらえて、その場で神経締め&内臓を出してくれたり、帰港後には氷のプレゼントやタックルの水洗いまでのサービスがあり、自宅に戻ってからの魚の内臓出しなど大変なことが、すでに処理済みで後が楽で助かりました。

今度はいつになるかわかりませんが、次回もよろしくお願いします。

翌日の晩ご飯は、ブリの刺身と、カマの塩焼きでした。
ガスレンジのグリルに片方しか入りませんでした(笑)
securedownload[1]

-

6/26 tomo’s キッチン♪  (大塔店)

まいど!大塔店の中川です!

6月25日のフラッシュジギングツアー釣れてましたねー!
メタルジグイサキが釣れるんですね♪

フラッシュジギングって色々な魚種に効果ありで
無限の可能性を秘めていそうです!

参加者の皆さんも若くて、これから楽しみですね(^-^)/

今回ツアーに参加した伊万里店の加藤店長から
魚を頂いたので、調理の報告をさせていただきます!

IMG_2985.png

イサキ、キジハタ、オキアラカブ、イトヨリがいますねー

キジハタの大きいのと、イサキは刺し身。残りは、煮つけにしましょう♪

IMG_2988.jpg

ハタ系の魚は、ウロコを包丁でスキ取ると早くキレイに取れます。


IMG_2989.jpg

ばたばたと全部さばきました!

まずは、煮つけから~
IMG_2998.jpg

酒、みりんを同量、砂糖、しょうゆ適量、しょうが適量、水は入れません。
落し蓋で、火を回していったん冷ませば味がよく浸み込みます。


つぎは、刺し身~

IMG_2990.jpg

IMG_2996.jpg

半分は、あぶりにしていただきました。
バーナーであぶることで、脂がにじみでてあぶらのうま味が増しますよ!
オススメです!


煮つけも、刺し身もあぶらのりのりでめちゃめちゃ美味しかったです。
やっぱり、旬の魚はうまい!

加藤店長、ありがとうございました!
また、お願いしまーす\(^o^)/

-

7/25 さくら丸にてイサキフラッシュジギング!(伊万里店)


どうも!伊万里店拓也です!

今回は、今年大ブレイクしているジグ

オーシャンフラッシュを使用しての
フラッシュジギングに挑戦してきました。

対象魚はなんとイサキ
ジグでイサキの釣れると!?と思ったアナタ!!

釣れるんです


朝マズメ、夕マズメだけを効率よく狙う為
この時期のみ、さくらまるさんは午前午後に分けて半日便を出してらっしゃいます。


今回は、伊万里店の常連のお客様と12時に伊万里に集合したのち
14時出しの午後便に行ってきました。

伊万里店から車で約1時間の
仮屋の漁港に到着。





まずは漁協内の製氷機で氷を大量に購入!
釣ったイサキはすぐ絞めて、海水氷で氷締めしますので
氷はクーラー満タンになるくらい入れておいてください。

そして14時からいざ出船!


速えぇ!!

今年の頭に船を買い替えたさくらまるさん
NEWさくら丸には今日が初めての乗船だったのですが
スピードが一段とUPしてました!釣り場にかなり早くご案内できるようになったとのこと。

今回はイサキジギングということで、あまり沖には行きませんでした。
20分ほどイサキの群れを探し続け、小さな群れを見つけたのでさっそく釣行開始。



使用タックルは
ロッド:オーシャンセンサーJS66
リール:ストラディックC3000
ライン:PE0.8号 200m
ルアー:オーシャンフラッシュ50g(ヒットカラーはブルピン)
フック:フラッシュアシストM

もう時期終わりのようで、とにかくイサキの群れが小さい!
一流し一投してる間に船がラインから外れてしまいます。

そのたびに船長が船で追いかけまわしてくれて・・・。
3流し目くらいで、船中ダブルHITでなんとかボウズ回避!
(投入までの速度が命なので船中写真ありません・・・泣)


事前に聞いてはいましたが、やはり厳しい!数が出ない!


このまま終わるか・・・というときに

16時ごろになんとかそこそこの大きさの群れを2連続で発見!
(これでも最盛期の群れとくらべると小さかったそうです)

流しなおす度にフォール中に連続HIT!
なんとか写真にとれるくらいの数を確保し、18時に納竿となりました。







初の船ルアーでそこそこ釣れて満足顔のM川さん。


まるで全部自分が釣ったかのような顔をしている僕




最後に、イサキジギングの際のコツと注意事項を!

①想像以上に繊細な釣りですので、船長のOKサインと同時にすぐにジグを投入してください。
  きれいにタイミングに合わせて潮に乗せないとまったく反応してくれません(渋いときは特に)

②HIT中は忙しいのでタモは入れられません。イサキは基本ぶり上げます。
 空中に魚をあげてしまうとすぐ針が外れますので、海面まであがってきたら
 水中からいっきにぶり上げてください。

③アタリは基本的には、フォール中にラインが止まることが多いです。
 水深を意識sいて、着底前にラインが止まったら聞きアワセしましょう。

④アタリが出て一度竿に乗っても、水中でバラすことがよくあります。
 これは仕方なの無いことですので、もしバラしたら慌てずにすぐその場からフォールさせてください。
 別のイサキが追ってきてることが多いのでまたすぐに乗ります。

⑤巻き上げはタダ巻きです。ポンピングはバラシの原因になるので厳禁!


イサキの群れも小さくなり、半日便でできるのは今週いっぱいが限界とのこと。
まだギリギリ間に合いますので、興味のあるかたは船長までお問合せください!

さくらまるHP:http://ameblo.jp/sakuramaru315/


イサキのあぶり最高でしたよ!

-

6/11 平戸沖にてジギング&スロージギング

はぁーい!お久しぶりです。

毎日何かしら怒られてる平戸店のアキラです。(笑)


6月11日(土)に仕事前にお客さんのマイボートにてジギング行ってきました。
朝4時30分に平戸店集合だったので、10分前について店の中で待ってると、本日のI船長がご登場

車2台で船をつけてる港まで移動!!

船に乗り込み、出港!!

海は穏やかのベタ凪
スイスイと生月の鯨島を過ぎてポイントまであっというま!に着きました。

一流し目!!しゃくってくるとMさんにHiT!!

ラインがグングン出てるのでこれは大物と思ってたが、まさかのフックアウト。。。。(フッキングが甘かったみたい)

何度かそのポイントを流したけど、活性が低いのかわからないが、当たって来ないので別のポイントへ!南に下り、流すがジグに反応がないので、インチクに切り替えたら一発目で来ました。(20cmくらいのアカハタ)

その後も何度か流しますが、反応が薄い。。。(俺の頭皮じゃないですけんね!!)

さらに南下して平戸沖までやってきました。
なんと、鳥山ができているではないですか!!しかもボイルしてるし!!
オフショア用のキャスティング竿を持ってないし、今回誰も持ってきてなかったのでプラッキングはあきらめることに。。。。

鳥山の近くでジグを少し投げて落として、着底後しゃっくってくると、一発目できたし(笑)
60cmぐらいのヒラゴ(ヒラマサ)でした。
I船長も、Mさんも良くかける!!俺基本タモ係でした。(笑)

9時くらいにMさんの携帯にKさんからの着信が、、、いろいろ話はしよったみたいですが一番印象に残ってるのが「仕事しよる場合じゃなかですよ(笑)」だって。(Kさんはこの日お仕事でした。)

日が昇るにつれて鳥山も少なくなり反応もなくなり、私も13時から仕事なので港の近くへ移動することになったので、なかなか生月大橋を下から眺めることはないので撮りました。


青物は3名で大小合わせて15本ぐらい釣れたので、後は根魚に変更してインチクしてましたけど、何も反応なしで港に寄港しました。



私のタックルは
竿:シマノ GRAPPLER S604  定価¥27300
リール:ダイワ フリームス4500J 廃盤
PEライン:リールを買った時に巻いたやつ(7~8年前の)(笑)
リーダー:シーガー 船ハリス 12号 
ジグ:MCワークス BUNCHIN1.0 150g SYB/GLOW 
    玄海ルアーズ 活ジグ 160g HGシルバー  etc
残りの2名はこんなジグで釣れました。

このカテゴリーに該当する記事はありません。